2階建ての住宅

加速する需要

中古一戸建てを購入しよう

中古一戸建てが増えています。中古一戸建てが増える背景には少子高齢化問題と不況の問題が複雑に絡み合っています。少子高齢化としては、団塊世代が都心部では土地が高いからと郊外に住宅を建てた人たちが退職をして老後を迎えています。郊外でしかも一戸建てが不便だという理由で都内に夫婦二人だけで済む広さのマンションを購入する人が増えているのです。また、単純に子供の数が減っているため、夫婦がなくなった場合や老人ホームに入った場合は、子供がいても引き継がなかったり、そもそも子供がいない家庭も多く、中古一戸建ては増えるのです。そのような理由により中古一戸建ては郊外を中心に点在しています。新築と比べると作りは劣りますが、新築の半額程度で購入できるのが魅力です。

中古の一戸建てを望む人たち

中古一戸建てを望む人たちはどんな人達でしょうか。世代別で言えば30代から50代にわたって広く中古一戸建てを購入している傾向にあります。 中古の一戸建てはそのまま使うこともできますが、築35年以内であれば耐震設計がされている住宅であるため、耐震性については問題ありません。ただ、生理的に人住んだ家に住みたくないという人も多いので、そこはリフォームやリノベーションで対応することができます。柱や梁は残して人の触れる部分はすべて新しくすれば新築と何ら変わりません。 中古一戸建てを購入するとこで、子持ちで賃貸住宅に住んでいた人は金銭的な負担も少ない上に、子供たちも自分たちの部屋が与えられることで、喜びになるでしょう。