2階建ての住宅

工務店へ依頼

住宅の建築会社の一つ工務店とは

工務店は一般的に住宅の工事を行う会社のことを指します。工務店といっても建築会社の下請けをしているところや自社で設計から施工までを行っているところまでさまざまです。 工務店というのはその地域に根差して経営が行われている場合が多いのです。ですからその地域での評判はとても重要となります。ひとたび悪い評判が広まってしまえばその後の経営にかかわるのです。一般的にハウスメーカーなどと異なりテレビコマーシャルなどの大々的な宣伝は行われていない場合が多いのです。宣伝費を抑えることで価格を抑えている工務店が多いのです。 一般的に工務店はハウスメーカーよりも融通が利く場合が多いのです。ハウスメーカーではある程度規格化されているので数センチ単位で柱をずらすことは難しいのですが、そういった細かな要望にも応えてくれる工務店も多いのです。 とはいえ工務店には様々な種類がありハウスメーカー並みに仕様が決まっている場合もあるので事前にしっかり確認することも重要です。

住宅を建築する会社を決める際に重要なこと

ハウスメーカーよりも設計の自由度が高く価格が抑えられるので予算が限られていて注文住宅がよいという人に好まれているのです。ハウスメーカーには広告宣伝費やブランドバリューが含まれている場合も多いのですが、工務店では広告宣伝費を抑えることで価格を抑えることができます。更に工務店は会社はもちろんそこで働く職人も近隣に住んでいる場合が多いのです。ですから何かトラブルが発生した際にすぐに駆けつけてくれる、融通が利くなどアフターケアに関しても多くのメリットがあるのです。 もちろんメリットばかりではありません。会社によって技術力に差があり、その技術力を事前に確かめることが難しいのです。もちろん今まで建築した住宅を見せてもらうことは有効です。しかしハウスメーカーとは異なりモデルハウスを持っていないので実物をイメージすることが難しいのもデメリットといえます。 こうしたデメリットに納得したうえでより親身に対応してくれるからという理由で利用している人も多いのです。