2階建ての住宅

建てるときに

よりハイセンスな住宅が建築できる会社とは

メディナなどで取り上げられるこだわり満載のわが家などの多くは設計事務所で設計されている場合が多いのです。このように施主の要望を反映した住宅の建築方法を注文住宅といいます。注文住宅は住宅に住むためのスペースという要素以外の要素を求めるようになったことで誕生した建築方法です。家に住む場合に何を優先させるかというのは非常に重要です。購入価格なのか、場所なのか、デザインなのかなどということです。優先順位を決めることでより何を重視するのかを明確にすることができます。言ってみれば我慢するところと妥協しないところを明確にすることで余分な費用の出費を抑えられるだけでなくより満足のいく住宅を建てることができるのです。

設計事務所のメリットとは

設計事務所では法律以外の制約がない場合も多くより自由度の高い住宅が建築できます。しかし一般的に設計料がメーカーなどと比較すると高額な場合が多いのです。設計事務所によって設計料の算出方法が異なるので一概には言えませんが数百万円の設計料が発生することもあるのです。 設計事務所で設計をしてもらった場合実際の施工は別会社で行われることがほとんどです。ハウスメーカーなどはあらかじめ下請け業者、協力業者として登録されていますが設計事務所の場合その都度見積もりを取って数社を競合させた中からより条件の良い施工会社と施主で建物の工事請負契約を結ぶのです。この場合設計事務所は施工会社とは独立した立場をとるのでより施主側にメリットのあるサポート役になってくれるのです。専門的な立場で施工会社を監視してくれる場合もあります。こうした作業も含めた設計料なので一概に高いと言い切ることはできません。どこに費用をかけるかを明確にすることでどの建築会社を選択するかも決まってくるのです。